電子版ログイン

※会員の方はこちらから

構造用集成材

市場規模200万㎥水準、住宅部材で不可欠な存在国産材ラミナ利用増え製品選択肢が拡大

中国木材

杉小径木利用、ハイブリッド・ビーム 欠点材などの採用で環境に貢献

 

 中国木材(広島県呉市、堀川保幸社長)の集成材工場は郷原工場(広島県呉市)と伊万里工場(佐賀県伊万里市)からなる。

菱秋木材

梁材生産量を調整 秋需に向け足固めへ

 

 菱秋木材(秋田県能代市・秋元秀樹社長)は、集成管柱生産を現在1シフト半での生産調整をおこなっているが、予想以上の展開に先行き不安感を強めている。 

協和木材

JAS認定取得で本格生産 国産杉中小断面、W.ALCなど

 

 国産材製材大手の協和木材(福島県東白川郡、佐川広興社長)は7月3日付で構造用集成材(中小断面)のJAS認定を取得し、集成材市場へ本格参入した。

銘建工業

単一工場で世界最大 杉でCLT開発目指す

 

 銘建工業(岡山県真庭市、中島浩一郎社長)は、小断面、中断面、大断面と集成材をトータルに製造している。

中東

集成材技術を生かした多彩な提案に定評

 

 中東(石川県能美市、小坂勇冶社長)は、木造建築の設計・施工で実績を重ねている。

ヤマワ木材

芯去り材比率が向上 ヤング率の高い杉ラミナ取得に最適

 

 ヤマワ木材(宮崎県都城市、若松泰裕社長)の若松和達会長が特許を有する「側面テーパ挽き機械」(第43179993号)は、丸鋸ツインソーによる簡素な機構により、杉側取り平割材の量産を可能にするものだ。

宮盛

集成管柱月産18万本を維持 カラ松と杉のハイブリッド材の新商品も生産

 

 集成管柱メーカー大手の宮盛(秋田県南秋田郡五城目町・宮田正社長)は、集成管柱が過剰感が先行している中にあってもWウッド集成管柱を月産18万本生産しており、価格は別に全量が販売されている。

STSテクノウッド

航海日数3日で先物リスク回避 エゾ松集成管柱を日本に供給

 

 STSテクノウッド(ロシア沿海州、スルニン・A・G・社長)は、住友商事とロシア・チェルネイレスとの合弁企業で、日本向けにロシア産エゾ松集成管柱を供給する唯一のメーカーだ。

サイプレス・スナダヤ

米ヒバ集成土台の第一人者 桧小断面構造用も土台・管柱で拡充

 

 米ヒバ、桧構造用集成材、構造用製材の製造販売大手であるサイプレス・スナダヤ(愛媛県西条市、砂田和之社長)の現在の生産体制は、米ヒバ小断面構造用集成材が月産2100立方㍍、桧小断面構造用集成材が同450立方㍍、米ヒバKD構造用製材が同1000立方㍍、桧KD構造用製材が同300立方㍍。

キクモク

使用環境A認証の強みPR Rウッド集成材専門工場

 

 キクモク(福島県、菊地守男社長)は、Rウッド集成材の専門工場であることを生かし、安定供給に努めるとともに、国内の集成材工場でも少ないJASの使用環境A級認証であることのよりPRを行い、設計士や建築士など使用材についてこだわりを持つ分野での需要を開拓する。

ザイエンス

高耐久木材製品を安定供給OP集成、ドライが主力に

 

 木材保存処理大手のザイエンス(東京都、田中隆行社長)は、木造住宅構造材等のKD、集成材需要の拡大に呼応し、耐久性能に優れた木材製品の拡充に取り組んできた。

加賀木材

ヒバ集成土台の供給に強み 国産材利用進め樹種選択の幅広げる

 

 加賀木材(石川県金沢市、増江世圭社長)は、強みのヒバ販売力を生かし構造用集成材事業に取り組んでいる。

川島建設

天竜材を構造用集成材に生産から竣工まで対応

 

 川島建設(浜松市、川島信彦代表)は、天竜杉を使った構造用集成材を生産している。

院庄林業

桧とRウッドが主力 完製品全量で強度試験を実施

 

 院庄林業(岡山県津山市、武本哲郎社長)の集成材製造部門、インノショウフォレストリー(同)は、生産効率の向上に久米工業団地内に工場を集約して丸2年になる。

ウッティかわい

月7000㎥前後を維持 国産カラ松・アカ松集成防腐・防蟻販売

 

 ウッティかわい(岩手県宮古市、澤田令社長)は現在、月間6000~7000立方㍍の集成材を生産している。

大野製材所

兵庫県産材中心に国産材に積極対応

 

 大野製材所(兵庫県姫路市、大野義人社長)は、中断面の構造用集成材を主体に600立方㍍を生産する。

協同組合オホーツクウッドピア

地場産材で中・大断面集成材 杉構造用集成材のJAS取得中

 

 協同組合オホーツクウッドピア(=OWP、北海道北見市、山田清理事長)は、公共物件等の大型木構造建築物に地場産材を原料にした中・大断面集成材の製造販売を行っている。

丸善木材

工法提案から施工まで支援 大型木造に積極的に対応

 

 丸善木材(北海道釧路郡、鈴木不二男社長)グループは、素材から製品生産、設計、施工まで一貫して行っている。

下川町森林組合

集成土台の防蟻処理は道内唯一公共物件の受注も増加

 

 下川町森林組合(北海道上川郡、山下邦廣代表理事組合長)の供給する構造用集成材は、小・中断面の正角(柱、土台)や平角(梁)で、全量受注生産の体制を取っている。

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について