電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年9月4日

開発

アルパの熱分解装置 木材含む混在炭化処理が可能

アルパ(大阪市)は、熱分解炭化装置(PWCD)の販売を開始した。廃棄物を熱分解し炭化するとともに電気エネルギーなどに利用するもの。廃棄木材や竹だけでなく、紙類や布類・廃プラスチックなども投入できる。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

業界イベント