電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年4月12日

環境

八戸バイオマス発電が稼働 2拠点でチップ供給体制を構築

八戸バイオマス発電(青森県八戸市)が1日から営業運転を始めた。青森県三八上北地区を中心に低質丸太から生産される木材チップ11万トンと、PKS1万9,000トンを燃料として使用する。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読