電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年10月14日

開発

横河ブリッジHDほか バルサ+FRPで軽量複合床版開発

横河ブリッジホールディングス(東京都)総合技術研究所(千葉市)は、スイスの3Aコンポジット、ヤマハ発動機と、バルサ材を中芯にした「GFRPバルサ複合床版」を開発、2017年12月に行った千葉市内の公園の橋長6メートルの歩道橋の床版改修に続き、静岡県磐田市の公園整備で橋長48メートルの歩道橋の施工を進めていることを明らかにした。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら