電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年10月14日

開発

横河ブリッジHDほか バルサ+FRPで軽量複合床版開発

横河ブリッジホールディングス(東京都)総合技術研究所(千葉市)は、スイスの3Aコンポジット、ヤマハ発動機と、バルサ材を中芯にした「GFRPバルサ複合床版」を開発、2017年12月に行った千葉市内の公園の橋長6メートルの歩道橋の床版改修に続き、静岡県磐田市の公園整備で橋長48メートルの歩道橋の施工を進めていることを明らかにした。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント