電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年3月9日付

木材

福岡県森林組合連合会 原木取扱量、過去最高見込む

福岡県森林組合連合会(福岡市)の2021年度の国産材原木取扱量は5万6,000~7,000立方メートルで、前年度よりも1万5,000~6,000立方メートル増加し、過去最高となる見通しだ。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら