電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年6月28日

住宅・建築

住友林業など4社が参画 米国シアトル近郊で賃貸用集合住宅開発に着手

住友林業(東京都)、中央日本土地建物(CN、同)、関電不動産開発(KRD、大阪市)、サンケイビル(SKB、東京都)は、米国の大手デベロッパーCrow Holdings傘下の集合住宅開発会社Trammell Crow residential(TCR)と共同事業会社を設立し、ワシントン州シアトル近郊で5階建て木造・RC造混構造の賃貸用集合住宅の開発プロジェクトに着手した。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら