電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2023年1月11日付

バイオマス

岡山大学と高砂熱学工業 バイオマス燃料用木材圧搾し35%以下に脱水

岡山大学学術研究院医歯薬学域病理学の大原利章助教を中心とする岡山大学(岡山市)と高砂熱学工業(東京都)の共同研究グループが、ローラー式の圧搾機を用いて燃料用木材の含水率を低減する技術を開発した。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
好評発売中

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら