電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年7月25日付

行政

熊本県内の災害公営住宅、木造で421戸整備

熊本地震の被災者が入居する災害公営住宅の整備が進んでいる。20日時点で12市町村に計1,733戸が整備される予定で、421戸が木造となる。木造で整備する住宅は今後、増える可能性もある。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読