電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年8月8日付

行政

福島県産材、全量検査体制構築へ

福島県内の流通・加工業者は今年度予算で放射線量の検査装置を一斉導入する。これにより、福島県産材の安全性確認体制がほぼ100%整うことになる。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読