電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年8月18日付

住宅・建築

山形県白鷹町 新庁舎建設へ杉KD製材供給体制整備

山形県白鷹町で、老朽化した庁舎や公民館などを複合化した木造施設として建設するプロジェクトが進んでいる。延べ床面積約4600平方メートルの木造2階建てを地元の杉ムク材KD材で建設している。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

2019年10月に完成した弊社新社屋は、条件を満たせば都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。