電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年9月8日

木材

首都圏ロシア材製品 コスト高と鈍い荷動きで苦戦

首都圏のロシア産アカ松製材品は東京・川崎両港の港頭在庫がほぼ変動せず、4万立方メートル弱で推移している。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読