電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年11月6日

開発

ヤマハ・京都大学 森林の持続可能性研究で連携

ヤマハ(浜松市)と京都大学(京都市)は10月31日、「森林資源の持続可能性(サステナビリティー)」を共通テーマとした基礎的研究と研究成果の社会への還元を目指し、包括的研究連携協定を結んだことを発表した。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読