電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年11月16日

プレカット

11月のプレカット調査、迫力乏しいが稼働改善

11月の全国のプレカット各社の受注状況は、全国受注平均が107.1%(前年同月比0.4ポイント減)だった。秋需らしさが弱いが、稼働状況は改善されている。しかしスケジュールの遅れの受注残も目立ち、需要不足への不安が拭えていない。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読