電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年12月4日

開発

名古屋大学 森林の健康度判定する新指標発見

名古屋大学はこのほど、森林の健康度を判定する新しい指標を発見したことを発表した。森林から流出する硝酸の比率を高精度で求め、ここから森林の健康度を示す「窒素飽和」のステージを判定するもので、対象の森林について間伐などの管理施業が適切か否かが容易に検証可能になるとしている。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント