電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年12月7日

木材

外山木材 杉需要拡大分野へ設備投資

外山木材(宮崎県都城市)の新製材工場・志布志第6工場(鹿児島県志布志市)が稼働した。当面の生産計画(原木ベース)を杉の足場板3分の1、2×4用材3分の1、建築(注文)材3分の1とする国産材多品種量産工場で、原木消費量は年間8万立方メートル(2シフト時に年間13万立方メートル)を計画する。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読