電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年12月11日付

木材

全森連 林業の外国人労働者の可能性

日本の全産業で人手不足が問題視されるなか、政府は外国人労働者の拡大に舵を切った。これについて全国森林組合連合会は、林業の労働災害発生率が全産業の15倍と著しく高い点を踏まえ、林業の技能検定制度設立に向けた作業を開始した。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について