電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年12月28日

行政

経産省関係の19年度当初及び18年度補正予算、「蓄えて使う」エネルギー政策強化

経済産業省関係の2019年度当初予算及び18年度第2次補正予算で、資源・エネルギー関係では、再生可能エネルギーの制御や蓄電に関する技術開発が増額された。一方、省エネ関連は減額され、災害なども見越し再生可能エネルギーを「蓄えて使う」時代に向け新たなステージに入った。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読