電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年2月7日

木材

小径木製材工場の廃業相次ぐ 大分県日田地域

大分県日田地域で、小径木を扱う製材工場の廃業が続いている。日田木材協同組合(日田市)によると、組合員企業以外も含め2018年夏ごろと12月末に1工場ずつ、今年1月末にも1工場が廃業した。丸太の大径化や日田市内の原木市場への小径木の出材量が限られることを背景に、製材工場の同材の手当ては難しくなっている。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について