電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年2月14日

木材

2018年木材ほか輸入量 製材品、3年ぶりに入荷減

日本木材輸入協会(福田晃久会長)が集計した2018年の主な外材(丸太、製材)、木質ボード(合板ほか)、構造用集成材(グルーラム)の輸入量は2年連続で減少した。需給均衡が続いた木質ボードが前年をわずかに上回った以外は、前年を下回った。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について