電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2018年2月16日付

木材

ベルソウッド 集成材生産4割増へ

フィンランドの非上場最大手の製材・木材加工事業会社であるベルソウッド(ヴィレ・コプラ社長)は、集成材を生産するハルトラ工場のプレス2ラインのうち、1ラインを最新鋭機に更新し、生産能力を従来の年間2万立方メートルから同6万立方メートルに引き上げる。これにより、集成材3工場の総生産能力は従来比4割増の年間14万立方メートルに拡大。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング