電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年2月23日

開発

愛知県森林・林業技術センターと木構造技研 竹材+国産杉の構造用集成材開発

愛知県森林・林業技術センター(新城市)と木構造技研(浜松市)は、地域産竹材を使った異樹種構造用集成材を開発中だ。国産杉等に比べて曲げや粘りの性能に優れており、木造ビルの構造材としての需要を視野に入れている。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング