電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年3月2日付

住宅・建築

石岡市新庁舎が供用開始 木ユニットの大屋根を採用

茨城県石岡市の新庁舎が完成し、供用を開始した。筑波山の山並みをイメージした外観と議会フロア、エントランスの山型形状の大空間には木ユニットと鉄骨を用いた大屋根構造を採用している。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング