電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年5月8日付

行政

18年の国内構造用集成材生産、総量微減も小断面伸長

農林水産省が発表した2018年の木材統計によると、同年の構造用集成材の国内生産量は185万2,000立方メートル(前年比0.3%減)と微減した。断面ごとのばらつきが大きく、大断面が半減、中断面が1割近く減る一方、小断面が1割以上増えた。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について