電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年5月23日付

木材

全国木材検査・研究協会 JAS認証、人工乾燥、機械等級が増加

全国木材検査・研究協会による2018年度の製材のJAS認証は、人工乾燥の構造用製材が2件、造作用製材が2件、下地用製材が3件、機械等級区分構造用製材が6件、それぞれ17年度から増加した。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

消費税率改定後の媒体価格について