電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年10月1日

行政

2018年木材需給 製材需要減少、自給率上昇も伸び純化

2018年の木材需給は、特に製材用が減少したことで用材の需要量が7318万立方メートル(丸太換算、前年比0.8%減)となった。木材自給率は36.6%で8年連続の上昇となったが、燃料材が増えた14年以降で見ると伸び率は純化した。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント