電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2019年10月25日

住宅・建築

山形県白鷹町 JAS機械等級区分製材の供給体制確立

山形県白鷹町で、延べ床面積7862.80平方メートルの新特別養護老人ホームが木造で建設されている。おきたま木材乾燥センター(山形県西置賜郡)が3月にJAS機械等級区分製材の認定を受けたことで同老人ホームの工事ではJAS機械等級区分製材として杉KD材を供給できるようになった。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント