電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年5月19日付

木材

東信木材センター 民有林カラ松の出材好調

東信木材センター協同組合連合会(長野県小諸市)は、コロナ禍の逆風に立ち向かい、カラ松の循環林業によって年間取扱量20万立方メートルを目指していく。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

業界イベント