電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年5月28日

経営

大建工業 手元流動性、300億円まで引き上げ予定

大建工業(大阪市)は26日、新型コロナウイルス禍の経済状況で今期第2・四半期中・後半からでも資材需要の減少が見込まれるとして柔軟な生産体制に移行する準備を進めるとともに、主力銀行から50億円のコミットメントラインを確保するなどして手元流動性を高めることを明らかにした。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

業界イベント