電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年7月16日付

連載

連載3 輸入材丸太 大幅減(ロシア材) 関税上昇とコロナ禍で入荷半減

木材産業工業化を推進するロシア政府が極東産丸太の輸出関税率を段階的に引き上げていることで、ロシア産合板用カラ松丸太の入荷縮小が加速している。

※本日付けの記事は、日刊木材新聞または電子版をご覧ください

▼紙面版・電子版のお申込みはこちら

紙面版購読 紙面版試読 電子版購読

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら