電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.2134号

住宅・建材の海外戦略

ハウスメーカー、現地住分化に根ざす
―新規市場へ踏み出す―

新たな成長求め海外事業強化

大和ハウス工業=今年度2,000億円視野に入る

積水ハウス=16年度に売上高倍増

住友林業=米豪で年間8,800棟に事業拡大

パナホーム=W-PC構法を展開

飯田グループホールディングス=海外向け新工法を開発

ネクストワン インターナショナル=ベトナムで5棟建築中

LIXIL=M&Aで海外進出の機会創出

TOTO=ウォシュレットの拡販を原動力に

吉野石膏=来夏、インドネシアで工場稼働

ウッドワン=インドネシアのドアメーカーに出資

アイカ工業=10年ビジョンで海外売上比率45%以上へ

リンナイ=米国でガス瞬間給湯器の生産開始

ノーリツ=2020年を目指す、世界で戦えるノーリツ

建材メーカー=グローバル化への道を歩む

合板、ボードメーカー=中国市場中心に輸出拡大に期待

建販問屋=ナイスグループ釜山新港にプレカット工場建設

コイズミファニテック=タイ工場拠点に住宅家具強化

国際建材・設備産業協会=海外市場に日本製の建材住設を提案

リバース=1棟目の木造住宅を建築中

ニッシンイクス=マレーシアで住宅用WPCを生産

CAD・ソフト関連=コスト軽減から人材確保へ

<統計>主要外材の入荷推移