電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年10月19日 No.2275号

林業イノベーション

デジタルは林業の救世主か
―先進事例と実践モデル地域の現状―

▽先端技術に期待も現場実装へ課題多々
▽国有林=全国で合計300台以上のドローン保有
▽機械=遠隔化、自動化でロボット林業目指す

先進事例

▽北信州森林組合=スマホアプリで木材検収システム
▽金山町森林組合=早くからスマート林業化
▽児湯森林組合=航空レーザー等で資源把握
▽森林パートナーズ=A材丸太の価値を見える化で高める

18年度スマート林業選定地域
▽いしかわスマート林業推進協議会=森林境界明確化から流通までコスト削減図る
▽スマート林業タスクフォースNAGANO協議会=長野型スマート林業で施業効率化
▽原木安定供給に向けた木材生産・流通協議会=生産・流通の両段階でコスト削減目指す
▽やまぐちスマート林業実践対策地域協議会=協議会拡大を視野に
▽球磨中央地区林業活性化地域協議会=施業集約化し全体コスト圧縮目指す

19年度スマート林業選定地域
▽いわき市持続可能な森林・林業推進会議=準天頂衛星みちびきで境界の位置情報取得
▽紀中地域林業躍進プロジェクト推進協議会=森林資源情報を一元化し需給マッチング

▽20年度スマート林業選定地域=ICT林業で需給マッチングへ取り組む
▽SCM推進フォーラム19年度選定地域=安定供給・流通円滑化への課題洗い出し進む

〈統計〉米材需給、集成材入荷

記事ランキング

業界イベント