電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年11月30日 No.2281号

中間決算㊥建材商社・建材問屋

一様に減収、減益も軽微に
―4~6月の好調さに助けられる―

建材商社
▽建材商社+住林木建本部=リーマン・ショック後以来の業容
▽会社別動向=伊藤忠建材、収益力で群を抜く
▽商品別動向=シェア、非木質上がり合板後退
▽伊藤忠建材=5期ぶりに売上減も利益10億円台維持
▽SMB建材=合板、木材改善も工事・木構造で苦戦
▽双日建材=売上総利益横ばいで最悪期から脱出
▽トーヨーマテリア=経費削減で増益
▽住友林業木材建材事業本部=木材系(パネル含む)で収益減額
建材問屋
▽大手建材問屋=消費増税時に次ぐ水準に
▽JKホールディングス=経常利益前年並みと健闘
▽ナイス=中間期では9年ぶり利益黒字化
▽ジューテックホールディングス=中間期では9年ぶり利益黒字化
▽OCHIホールディングス=フェア中止、動画配信で販売支援
▽クワザワホールディングス=売上高維持に努めるもコロナの影響もあり減益
〈11月の国産材産地市況〉出材伸びず強基調
〈11月の外材産地相場〉針葉樹産地コスト高広がる
〈統計〉合板及び主要外材の供給推移

記事ランキング

「国産材活用事典」
発刊のお知らせ

国産材関連書籍の第二弾となる「国産材活用事典」を2021年10月に発刊いたします。

詳細はこちら