電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年12月7日 No.2282号

21年3月期中間決算㊦住宅会社・木材会社

注文、分譲で明暗分かれる
―低価格住宅が堅調―

住宅会社
▽注文系は減収減益、ビルダーは増収増益
▽大手住宅会社=不動産関連にも新型コロナが影響
▽ビルダー=戸建て分譲は増収増益
▽貸家=新型コロナで建設投資意欲も減退
▽住宅会社の業績一覧
木材会社
▽山大=新型コロナで売上高・売上総利益伸び悩む
▽兼松サステック=非住宅分野の販売強化で巻き返し狙う
▽ポラテック=上期実績は4%減で踏みとどまる
▽テクノウッドワークス=安定的に高収益を生む
▽シー・エス・ランバー=減収ながら増益、収益体質が強化
▽セブン工業=住宅着工減で減収減益に
▽名古屋木材=収益改善進めるも減収
▽クボデラ=直販強化で商材拡大
〈10月の新設住宅着工〉16カ月連続減少、総数7万戸水準続く

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
好評発売中

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら