電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年2月15日 No.2290号

部材・技術開発で挑む非住宅市場

―コスト高の壁をどう乗り越える―

▽耐火・構造技術開発が進展
<技術>
▽耐火=中高層への対応で開発進む
▽大スパン=様々な工法開発で対応
▽高層化=国内でも17階建てプロジェクトが進行
▽接合部=住宅用金物の応用でコスト削減を
<部材>
▽製材=ムク材活用技術浸透も国産材製材に課題
▽集成材=国産材活用した高強度集成材の開発進む
▽LVL=面材と線材で豊富な商品展開
▽CLT=中高層木造で普及に弾み
▽木質パネル=住宅同様に構造用合板が主力
▽建材=耐震、不燃、軽量、施工性が鍵
▽防腐防蟻・不燃処理木材=木材利用の拡大で処理技術向上
〈統計〉主要外材の入荷推移

記事ランキング

2020年10月に完成した弊社新社屋は、条件を満たせば都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント