電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年3月1日 No.2292号

梱包材

コロナ禍で輸出梱包に打撃
―杉の台頭で樹種選択の幅広がる―

▽輸出産業の不安定さに梱包市場混迷
樹種
▽チリ材=主力梱包材の位置づけ不変も20年は供給減
▽NZ材=コロナ禍で主力の輸出梱包落ち込む
▽面材・LVL=合板・LVLともベトナム産のシェア拡大
▽杉=近年増える杉梱包材資材
▽道産カラ松=需要低迷のなかでもシェア、価格ともに維持
流通
▽関東=コロナ禍の売り上げ減少から復活へ戦略多彩
▽櫻井木材=さらなる柔軟な体制を構築
▽エス・エルワールド=多様な製品で需要深耕図る
▽森口商店=今年前半は市場の低迷続くと見る
▽協同クリエイト=材の値上げは需要のある時、価格安定を
▽中国=梱包需要は長期に低迷
製材工場・梱包業者
▽関東=コスト対策と品質向上を両立する体制を模索
▽飛鳥木材=コロナ禍で需要半減も年明け以降回復
▽松永・須崎地区=コロナ禍、荷動き底はう状況続く
▽九州=新工場も上々の出だし
▽吉村製材・アルサンク=需要深耕で乗り切る構え
〈統計〉米材需給・集成材入荷

記事ランキング

2020年10月に完成した弊社新社屋は、条件を満たせば都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント