電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2020年3月29日 No.2296号

2020年レビュー③集成材、NZ・チリ材、熱帯材

産地高、国内価格低迷のギャップ埋まらず
―集成材、輸入増も需要縮小で販価伸び悩む―

集成材
▽コロナ禍の市況混乱で内外産とも価格低迷
▽小断面=欧州産製品の輸入増えるも価格は苦戦
▽中断面=市況不安下でも国内産中断面は前年並み実績
▽大断面=内外産ともに大断面供給の縮小加速
NZ・チリ材
▽輸出低迷で問屋・梱包業者とも試練の1年
▽NZ国内挽き=コロナ禍で、受注大幅減
▽NZ中国向け=コロナ禍で、NZ丸太価格乱れる
▽チリ材=年間入荷はリーマン・ショック後並みの低水準
▽チリ産地企業=北米・中国筆頭に世界需要が急回復
熱帯材
▽丸太=大新合板撤退で丸太需要はより一層縮小
▽製品=移動制限と原材料価格の上昇に振り回される
<3月の国産材産地市況>外材高が波及、杉居所高に
<3月の外材産地価格>第2・四半期は歴史的高値
<統計>合板及び主要建材の供給推移

記事ランキング

2020年10月に完成した弊社新社屋は、条件を満たせば都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント