電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年4月5日 No.2297号

2020年決算

コロナ禍で需要減も業績に明暗
―事業の再構築を模索―

▽駆け込み需要の反動減、新型コロナが影響
▽ノダ=建材、合板とも減収
▽ノーリツ=不採算の住宅システムから撤退
▽大倉工業=減収も変動費低位で営業・経常が増益
▽北恵=特益で増益も、実質減収減益
▽オービス=コロナ禍で減収減益
▽ヒノキヤ=ヒノキヤグループ、利益は過去最高を更新
▽日本ハウスホールディングス=コロナ禍で減収減益
▽ファースト住建=反動減と自粛で上半期低調
▽住友林業フォレストサービス=燃料チップの扱いが増加
▽安江工務店=売上高は過去最高に
▽東京木材市場=還元セールや記念市で大幅な減収留める
▽東京新宿木材市場=記念市・特売会中止で売上確保に難航
<統計>米材需給・集成材入荷

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント