電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.1839号

欧州材、本格輸入から20年

日本市場に柔軟対応

欧州産地と日本市場が、丸太や製材品、各種木質ボード等の本格的な取引を開始してから今秋で20年を迎えた。今では当時を知る人々も少なくなってきたが、欧州材の登場は、日本の木材・建材産業に大きな影響と劇的な変化をもたらした。ただ、当時は誰も、欧州産地と日本市場の木材・建材貿易がこれほどまでに拡大するとは予想できなかった。今や米加産製材に次ぐ針葉樹製材の供給ソースであり、欧州産の構造用集成材を含めた供給規模は米加産地を上回る。製材にとどまらず、ムク床材や腰板などの内装仕上げ加工材、さらにサーモウッドやクロスラミナティンバーの先進産地であり、単なる建築用材にとどまらない高付加価値提案力を秘めている。また、世界最大のPB、MDF産地として、これらの木質ボードを基材とした複合床材や住設芯材分野でも今後、欧州産地が日本市場で新たなムーブメントを形成するとみられている。欧州材輸入の20年を振り返るとともに、今後の展望をまとめた。