電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.1828号

2011年3月期決算特集③建材問屋

大手5社、4年ぶりに高収益率確保
合板市況が後押し

全国展開している建材大手問屋5社の11年3月期決算では、売上高が合計額8,003億6,900万円で、10年3月期の大幅な落ち込みからは回復基調に推移するなど、3年連続の売上高減少に歯止めをかける形となった。

しかし、リーマン・ショックによって失速した景気動向が反映された09年3月期の売上高の合計額8,173億900万円には到達しておらず、建材流通業者の景気が本格的に回復したとは言い難い状況だ。

利益面では、5社の売上高における経常利益率が0.88%と前期よりは0.37㌽改善した。ただし、建材大手問屋5社の売上高経常利益率は1~2%が通常と言われていたことからすると、07年以降1%を割り込んだ状態を続けており、需要の大幅な拡大が期待できない現況において粗利率の回復は、簡単にはいかないようだ。

JKHD=持ち株体制移行後は、売上高3番目の高水準

すてきナイスグループ=建材・住設牽引で4期振り増収

ジューテックHD=緊縮経営や住宅市場回復で利益率上昇

クワザワ=利益率向上で最終損益2年ぶりに黒字化

OCHIホールディングス=内部努力と需要回復の相乗で利益拡大

木材・プレカット=着工増受け増収基調

・大日本木材防腐=売上高200億円に迫る

・天龍木材=経常利益が大幅に改善

・名古屋木材=国産材・プレカット営業を強化

・セブン工業=減収で経常・最終とも赤字に

・兼松日産農林=特損計上で増収減益に

・ポラテック=生産坪数58万坪へ

・ハイビック=住生活G入り、業界に衝撃

<統計>米材、集成材

記事ランキング

業界イベント