電子版ログイン

※会員の方はこちらから

 No.1812号

国産材素材供給の実態

需要増加に問われる供給安定性

昨年の国産材素材供給は林野庁が発表した主要木材の需給見通しの予想値を含めて前年比5.7%増になると予測した。このうち製材用が同2.9%増、合板用が同20.7%増と合板向けの伸びが大きい。ロシア材丸太の入荷減を国産材が補完した形になったが、合板需要が増加したときに、素材調達が活発化すると原木価格が高騰する一方で、素材供給は増加しないという状況を引き起こした。大手需要家の国産材志向が続くなかで、国産材は本当に頼りになる素材なのか。素材生産の状況を各地からレポートした。

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント