電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年4月19日 No.2299号

意欲と能力のある林業経営者の実状

再造林時代の新たな山守
―地位向上の好機か負担の増加か―

▽狙いは管理責任者と再造林担い手の確保
▽役割・登録状況=林業関係中心に、工場など丸太利用者も登録
地域別
▽北海道=低コスト作業と高性能林業機械作業効率の向上目指す
▽東北=先進的な作業システムの導入進む
▽関東=北関東3県で登録多数、大手製材工場も
▽甲信越=地域の特性に合わせ、木材加工にも取り組む
▽東海=機動力ある経営体が時代を先導
▽関西=既存事業を軸に活動を広げる
▽中国=チップ生産が収支に貢献
▽四国=経営法で林業集約化を強化
▽九州=各事業体が高性能林業機を積極導入
<統計>主要外材の需給推移

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント