電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年5月10日 No.2301号

資材供給総点検

第3次ウッドショックの幕開け
輸入材急騰で木材全面高

▽代替材なく価格体系が崩壊
▽米材丸太=産地シッパーはシェア重視で協調路線
▽米材製品=産地価格は青天井、日本向け急伸
▽欧州材=出口見えない品不足のトンネル
▽構造用集成材=プレカット稼働率低下も危惧される品薄
▽国産合板=在庫薄続き、需給ひっ迫への警戒感広がる
▽輸入合板・ボード=原木不足と北米需要の活況で日本向けは伸びず
▽国産材丸太=連休明けから夏場の出材減少、丸太不足懸念
▽国産材製品=代替需要で高騰、8年ぶり高値更新の可能性
▽ロシア材=産地工場の生産軸足は中国と欧州へ
▽NZ・チリ材=チリは2船連続値上げで国内コスト転嫁へ
▽南洋材・中国製品=原材料高から集成フリー板の値上がり続く
▽バイオマス=燃料材需給は安定、一部地域は不足も
▽木質建材=値上げ機運高まる
▽非木質建材=原油高による製造コスト高を警戒
<統計>主要外材の入荷推移

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。三角桝格子やCLTTの吊り天井が特徴となっています。

ピックアップ記事

業界イベント