電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2021年5月24日 No.2303号

苗木生産最前線

再造林時代、半世紀ぶり需要増
―変わる品種と技術、過渡期の生産現場―

▽10年後の植林面積倍増、苗木需要も拡大
生産の現状
▽都道府県=生産量10年前に戻る、コンテナ苗とカラ松増
▽コンテナ苗=苗木需要拡大へ再造林補助が効果
企業別
▽住友林業=施設運営のノウハウ蓄積
▽日本製紙グループ=杉特定母樹を増殖
地域別
▽北海道=コンテナ苗利用拡大推進方針で官民挙げて生産強化
▽東北=実生からコンテナ苗生産拡充へ
▽関東=大都市周辺で花粉症対策苗の普及進む
▽東海=適材適所の苗木供給が焦点に
▽関西=苗木生産者は減少傾向
▽中国=コンテナ比率は年々上昇
▽四国=作業効率の良いコンテナ苗が年々増加
▽九州=熊本は苗木販売量20年ぶりの高水準に
<統計>米材需給、集成材入荷

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント