電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年3月21日 No.2343号

2021年レビュー①合板・木質ボード

減産一転、引く手あまたで最高値更新
―丸太、解体材調達難で原材料ひっ迫―

▽内外産すべて品不足に陥る
▽国産合板=値上がり続き、過去最高値を更新
▽輸入合板=生産コスト上昇で現地メーカーは断固たる値上げ姿勢
▽木質ボード=コンテナ不足で輸入品の入荷改善せず
▽合板用素材=全国各地で国産材丸太の争奪戦が激化
▽木質ボード原料=解体材伸び悩み、不足感続く
▽処理木材=供給不安も防腐処理生産は微減
<統計>米材需給、集成材入荷

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら