電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年5月30日 No.2352号

プレカット工場の反動減対策

需給に明暗、潮目変わる
―戸建て分譲堅調も部材調達に不透明感―

▽注文住宅が販価高で受注減
▽住宅会社の受注動向=情勢不安と単価上昇で住宅取得意欲に影
▽資材需給の動向=米欧産地に先安観、世界経済の減速懸念で
地域別
▽首都圏=大手ビルダーが下支え
▽東海=資材調達など総合対策を進める
▽関西=5月以降の受注は減少傾向へ
▽四国=合板不足の影響大、柱は安価な杉柱に人気
▽北海道=資材在庫調整とともに道産材利用を増やす企業目立つ
▽北関東=下半期に警戒感、基本に返る
▽東北=資材の国産材移行進む
▽上信越=受注格差が広がる
▽北陸=パネル化の取り組み進む
▽中国=製品在庫の重要性高まる
▽九州=足元の受注はまだら模様
<5月の国産材産地市況>居所高も不透明さ増す
<5月の外材産地相場>米加、欧ロに弱気配
<統計>合板及び主要建材の供給推移

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら