電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年7月11日 No.2358号

2022年3月期決算⑤木材専門商社、バイオマス、木工機械

資材流通、加工分野の好調で業績伸長
―設備投資の回復でバイオマス、木工機械も好転―

▽ウッドショックで売り手市場に
▽日本製紙木材=木材部門伸び、過去最高益を達成
▽王子木材緑化=製材、丸太で売価アップを受けて増収増益
▽江間忠グループ=商社部門、流通加工部門とも増収増益
▽物林=素材流通系は大幅増も建設系は苦戦
▽阪和興業=初の売り上げ1,000億円に到達
▽ヤマエグループホールディングス=木材・住資材関連は売り上げ大幅増
▽セブン工業=プレカット関係が実績伸ばす
▽バイオマス3社=発電所稼働増で増収路線
▽木工機械・刃物=木材需要の拡大で販売は上向きに
<5月の新設住宅着工戸数>15カ月ぶりに前年同月下回る

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
好評発売中

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら