電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年7月11日 No.2358号

2022年3月期決算⑤木材専門商社、バイオマス、木工機械

資材流通、加工分野の好調で業績伸長
―設備投資の回復でバイオマス、木工機械も好転―

▽ウッドショックで売り手市場に
▽日本製紙木材=木材部門伸び、過去最高益を達成
▽王子木材緑化=製材、丸太で売価アップを受けて増収増益
▽江間忠グループ=商社部門、流通加工部門とも増収増益
▽物林=素材流通系は大幅増も建設系は苦戦
▽阪和興業=初の売り上げ1,000億円に到達
▽ヤマエグループホールディングス=木材・住資材関連は売り上げ大幅増
▽セブン工業=プレカット関係が実績伸ばす
▽バイオマス3社=発電所稼働増で増収路線
▽木工機械・刃物=木材需要の拡大で販売は上向きに
<5月の新設住宅着工戸数>15カ月ぶりに前年同月下回る

記事ランキング

弊社新社屋が日本木青連活用コンクールの国交大臣賞を受賞しました。

都市部でも木造らしさを発揮できる準延焼防止技術適合基準(技適)の木造3階建て。

三角桝格子やCLTの吊り天井が特徴となっています。

業界イベント

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら