電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年9月26日 No.2368号

中堅ゼネコン・ビルダーの木造非住宅戦略

木造化の波に乗り遅れるな
―地域密着など強みを生かす― 

▽木構造への参入意欲高まる
▽スーパーゼネコンから中堅ゼネコンへ=中堅ゼネコンは普及域へ
▽ビルダーの非住宅対応=資材高騰、配送費負担増でコストに課題
▽土屋ホールディングス=道内初の北海道産木材を100%使った集合住宅
▽三九建設=CLTを商品化小規模建築物商品化
▽藤田建設工業=WOOD.ALCを軸に地域材活用
▽前田建設工業=早期市場参入で実績積む
▽東急建設=「モクタス」ラインナップ拡充
▽東洋ハウジング=「木造タワマン」で注目集める
▽大豊建設=技術研究所を木造ハイブリッドで建設
▽オオコーチ=製材と建設の2本柱へ
▽川田工業=木造・木質ハイブリッド構造に事業領域拡大
▽関西=市場は高齢者、幼保育園など需要が中心
▽澤田建設=CLTの実績は県内トップの3棟
▽ライフデザイン・カバヤ=CLT使う木造非住宅を開拓
▽松尾建設=自社物件に積極的に木を活用
▽大匠建設=中層CLTの普及図る
<8月の国産材産地市況>桧・杉丸太とも弱気配
<8月の外材産地市況>在庫増、円安で仕入れ意欲減退
<統計>合板及び主要建材の供給推移

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら