電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年10月3日 No.2369号

海外サプライヤー①米加材

供給態勢の寡占進む
―円安で逆風も、日本市場重視の姿勢―

▽丸太供給は米加各1社に寡占化
サプライヤー
▽ウェアーハウザー=製品、EW、丸太いずれも日本市場を重視
▽ウェスタンフォレストプロダクツ=日本向け重視の姿勢変わらず
▽インターフォー=針葉樹分布するエリアを網羅、地域リスクを分散
▽トランス・パシフィック・トレーディング=既存品目の供給を継続
▽カレスニコフ・ランバー=マスティンバー事業に参入
▽キャンフォー=生産・販売拠点のグローバル化進める
▽ウェストフレーザー=生産、物流面での安定性に強み
▽インターレックス=カナダ国内での生産拡大を継続
▽トルコインダストリーズ=SPFの10%近くを日本向けに供給
▽A&Aトレーディング=社長自身が日本の顧客と結び付き持つ
輸入商社
▽丸太輸入商社=合板向けが主力
▽横浜木材=在庫確保で顧客とシッパー双方から信頼
▽ザイエンス=米材は基材の7割を占める主力樹種
▽サプライヤー一覧
<統計>米材需給・集成材入荷

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら