電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年10月10日 No.2370号

海外サプライヤー②欧州材

日本市場参入から30年
―品質、量、価格の安定で席巻―

▽不足と高騰、揺らいだ安定供給神話
企業別
▽ストゥーラエンソ=総合林産企業のリーディングカンパニー
▽ケイテレグループ=10年で1億ユーロ以上投資、生産規模3倍に
▽FLT=欧州で唯一の日本向け専門集成材メーカー
▽ベルソウッド=工場取得、設備更新で生産能力拡大
▽セトラグループ=製材、集成材、CLTを自社一貫生産
▽HSティンバー=来春、新設のJAS集成材工場が稼働
▽ハッスラハーグループ=2019年に日本向け集成材開始
▽UPMティンバー=脱石油、全工場を再生可能エネルギーで運営
▽SCAウッド=日本向けラミナ供給で最大手の一角占める
▽メッツァグループ=輸出港隣接地に最先端の大型製材工場新設
▽マイヤーメルンホフホルツ=スウェーデンで3工場取得、北欧へ進出
▽ベリィクヴィストシリアン=安定品質、安定供給に注力
▽ユニッカラ=新工場建設中、稼働後は製材生産量2倍に
▽ネイソン・ディヴィス=Wウッド小割材で評価
▽欧州の日本向け主要サプライヤー一覧
<8月の新設住宅着工戸数>持ち家9カ月連続で不振

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら