電子版ログイン

※会員の方はこちらから

2022年11月7日 No.2374号

建材・住設機器メーカーのBCP対策

取り組みに終わりなし
―防災・減災から商品設計まで全方位で模索続く―

▽調達、製造、販売の安定が基本
企業別
▽大建工業=供給網を確保しリスク回避
▽永大産業=「18年台風災害」忘れるな
▽ノダ=安定的な原料調達を事業継続に
▽朝日ウッドテック=銘木を使い切る開発力で調達リスク回避
▽ウッドワン=過去を供給に製造2拠点化
▽パナソニックハウジングソリューションズ=基材の複数購買と複線化による安定供給
▽LIXIL=調達先の多様化と在庫の適正化が課題
▽TOTO=BCP在庫量の適正化を再検討
▽タカラスタンダード=部品の共通化等でリスク管理強化
▽元旦ビューティー=生産拠点を強化
▽YKK AP==国内外の全拠点,でBCP策定を完了
▽三協立山=アルミ地金の安定供給が課題
▽ケイミュー=技術と人材で非常時に備える
▽アイジー工業=ポリエステル樹脂鋼板の切り替えで供給責任果たす
▽旭ファイバーグラス=高断熱化の需要増で供、給面を強化
▽エアー・ウォター・エコロッカ=生産の安定に向け製造工場を買収
▽アイカ工業=連結全生産拠点でBCP策定
▽フクビ化学工業=サプライチェーンの重要性から対応
▽ノーリツ=生産は前年を超える状況に回復
▽リンナイ=取引先と一体でBCP強化
<統計>主要外材の入荷推移

記事ランキング

「木材・建材ハンドブック」
12月発刊のお知らせ

日刊木材新聞に掲載されている専門用語を分かりやすく解説した用語集。林業、木構造、バイオマス、環境など幅広い分野を網羅した約1500語を集めました。

購入はこちら

リリース・情報など

日刊木材新聞社 編集部へのリリース配信・情報提供はこちら


情報提供はこちら